上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(前回のレポの続きです。未読の方はそちらからどうぞ)
全員での歌終了後、覇王の「はじめまして!」の一言から出演者の自己紹介があり、
(ここではらみーのご家族が見に来られてることが判明、大きな歓声と拍手が起きる)
ゲームと同様に今回のライブを進めていくという説明の後、早速「朝のスケジュール・初めての挨拶」へ!
司会進行役はまよちょん。
我々からの質問に対し、アイマスガールズが答えると言うものだったのですが……。
最初の例題として「告白するときの決め台詞は?」という質問で誰も手を挙げず、客席から「まやちゃん答えて!」という声がちらほらとすると、
「まや、答えないよ?」
いきなりバッサリかい!(笑
挙句に、最前列にいた女性P2人に質問を振り、答えさせるという暴挙に(笑
さらにミンゴスに「それって進行表に書いてあるの?」と聞かれ、
「ううん、書いてないよ?」
何というgdgd!
というか仕事しろよ!(笑
しかし、そこはやはりよく訓練された淑女。
ちゃんと返してきました。
「やよい、結婚してー!」
……本当に淑女でした(笑
「うっうー! みんなで一緒に暮らしましょー!」と返すまよちょん。
ここでは空気を読める子でした(笑
まあ、その後ミンゴスに「これだけの人数を養わなければいけないのか」と突っ込まれてましたが。
そんなこんなで、ようやく客席からの質問を受け付けることに。
しかし、受け付けた質問も先程と似たようなもので、
「女の子に告白する場合の決めゼリフ」というものでした。
まよちょん、再び挙手を求めるもやはり誰も手を挙げず。
強硬手段で指名されたのは、そこに平田宏美!(笑
(渋い真ボイスで)「ボクの腕枕で眠ってみないか?」
真っ先に駆けつけて腕枕してもらうミンゴスが、何とも(笑
次に指名されたのは樹里吉。
「一緒に背中、洗い流しませんか?」

客席からはどよめきと歓声が。
ラストはご家族も見に来られてるはらみー!
やっぱり「大阪のおっちゃんで!」というリクエストが来ましたが、あえて無視して
「あー、めっちゃ可愛いなあ。デートしてくれへん?」
ステージと客席双方から大きな歓声が。

余談ですが、よく関西人は「可愛い」と言う言葉を「かわええ」と言うと思われる方が多いと思いますが、
そんな関西人、ほとんどいません。
ほとんどは普通に「かわいい」と言いますし、よしんば「かわええ」などと言ったら馬鹿にされるのがオチです。
以上、関西人の主張でした(笑

話を本筋に戻しまして、次の質問は「チャームポイントは?」というもの。
やはり誰も手を挙げず、まよちょんに強制的に回答させられる面々。
最初の犠牲者回答者は満を持して登場の覇王!
「えりちゃんのチャームポイントは?」というまよちょんの質問に対する答えは、
(珍妙なポーズを決めながら)「何事も、包み隠さないところです(はぁと)」
次に答えたのが宏美さん。
「今井さんと違って(と後ろのミンゴスをチラリと見る)突出しているこの胸」
もはや、千早いじめというかミンゴスいじめは鉄板のようで(笑
その後すぐに「アイマスガールズの中で一番声が低いところ」と挙げた宏美さんに便乗して、
「あ、あたしたち声優だった! ……え~っと、チャームポイントは、声です(はぁと)」
と慌てて言い直す覇王(笑
当然のごとく、「遅いよ!」とみんなからツッコまれてました。
やっぱり覇王は、このようにみんなからいじられてナンボだと思うのですよ(笑
次に答えたのははらみー。
「関西弁がしゃべれるところです(はぁと)」
客席から飛んできた「関西弁可愛い!」の声に、
「今日は関西弁でしゃべります!」と答えたはらみー。
あんたは大阪の星や……。
次は樹里吉。
お題発表直後に「言えない場所だったらどうするんですか?」と爆弾発言を飛ばし、場内を騒然とさせた彼女のチャームポイントとは。
「水着になったときに、胸のこの辺に(と谷間のある辺りを指差し)見えるホクロ」
騒然とする場内。
そして真っ先に覗き込む変態淑女ミンゴス!(笑
「ホントだ!」……って、報告せんでよろしい!
それに続くように他の出演者もこぞって樹里吉の胸元に殺到してました。
何だこのカオス空間は?(笑
そんな百合空間も何とか収まり、最後に満を持して答えたのが我らがミンゴス。
「(嬉しそうに)えっとねー、楽屋でー、まやちゃんに『麻美ちゃんは本当に迂闊なんだから、もーっ!』って言われながら注意される事!」
……うむ、さすがはミンゴス。
やよい(と中の人)がからむと、必ず答えが斜め上に行くことは年初めのシークレットイベントで実証済みでしたが、やはり期待を裏切りませんでした。
というか、それチャームポイント?
ともかく、答えが出揃ったところでもっとも優秀な受け応えをした出演者を決めることに。
何でも、ご褒美は自分のアピールタイムだそうで。
審査方法は、客席の拍手の大きさで決定される……はずだったんですが、
各出演者とも、獲得した拍手の大きさはほぼ同じくらいで、結局まよちょんの独断と偏見で、自己アピールを行えるのは樹里吉と相成りました。
しかし、そこはフリーダムさで定評のあるまよちょん。
一筋縄では参りません。
「得意な物真似でアピールしてください(はぁと)」
もはや罰ゲームです。
「あたしね、こういうのは頑張っちゃいけないと思ってたんだ」とうそぶくミンゴス。
罰ゲーム(及びそれに準ずる事)に関しては鼻が利くようで(笑
さすがは金髪巨乳の格好(しかも顔にものすごい落書きアリ)で外を闊歩させられただけのことはあります。
客席や他の出演者(主にミンゴス)からは「ジュリーザ様」や「塾長」とリクエストの声が飛び交う中、
困惑の表情を見せながらも「それじゃ、『タッチ』の南ちゃんの物真似を」と宣言する樹里吉。
「タッちゃん。……南、タッちゃんが好き!」
冗談抜きで、かなり似てました。
「この中にタッちゃんはいますか?」というミンゴスの声に、
ちょうど私の後ろの方が「タッちゃん」だったらしく、周りの人々から拍手されてました。
というよりも、色んなところでそんな感じだったようで、「タッちゃん多すぎだろ!」とツッコまれてました(笑
そんなこんなで、スタッフの方から散々巻きが入ったまよちょんの司会による「朝のスケジュール」がようやく終わり、いよいよこのイベントのメインである「お昼のスケジュール・テレビ出演」に突入するのですが、出演者の着替えタイムの間に他会場の出演者からのビデオレターが公開されました。
1番手はゆりしー。
久しぶりに彼女の姿を見た我々はどよめきと歓声を上げました(笑
続いてぬーぬー(撮影者・アッキー)。
やはりアッキーにいじられ、涙目になりながら告白させられてました(笑
さすがはディレ1。どうしてもこのVを公開したかった理由がよく分かりました。
そして最後がネ申こと若林直美さん。
道に迷った先で知人に電話で案内されてたどり着いた美味いたこ焼き屋さんの話など、大阪での思い出話を語ってくれました。
そこまで上映された後、いよいよ「お昼のスケジュール・テレビ出演」という名のライブ、開演です!
これまでの会場と同じく、2人1組でのライブ形式となっていました。
やよいと貴音の声が場内に響き渡ると、まず出てきたのはまよちょん!
そこで私はサイリュームを用意しようと、物販で買ったものと外で有志の方からいただいたものを取り出しました。
しかし、ここで思わぬトラブルが発生!
何と、有志からいただいたサイリュームが、持ち運ぶ時点ですでに化学反応を起こしていたらしく、全く光らない状態になっていたのです。
物販で買ったサイリュームにはウルトラオレンジが無く、ほとほと困り果ててしまいました。
すると、隣にいらっしゃったしょうゆPさんがそんな私の様子を見かね、腰に吊るしていたウルトラオレンジのサイリュームを1本分けて下さいました。
しょうゆPさん、その節は本当にありがとうございました!
プロデューサー仲間の心の温かさの余韻に浸る暇も無く、始まったのは「キラメキラリ」!
どこもかしこもウルトラオレンジ1色に染め上げられたステージに、場内の熱気もさらにヒートアップ!
その次に出てきたのははらみーで、曲は「フラワーガール」。
はらみーのほんわかした雰囲気と曲調、客席からの掛け声と相まって、本物のアイドル歌手のステージのような錯覚を覚えました(笑
そして再びまよちょんの「ゲンキトリッパー」に続き、はらみーの「My Best Friend」。
4曲が終わったあと、まよちょんとはらみーのトーク。
ここではらみーのご家族の誰が見に来てるのかが判明。
お婆さんとお母さん、お姉さんが見に来られてたそうです。
さらに今年だけですでに12回里帰りしていたことを告白(だったはずです。間違えてたらすみません)。
はらみー、まよちょんに大阪の美味しい物を教えてもらおうとするも、差し入れでほとんどクリアしているとの事。
ただし、551(蓬莱)の豚まんと阪神百貨店のいか焼きがまだだと語っておりました。
ここで閑話休題。
翌日の宏美さんのブログにて、はらみーからのオススメが蓬莱のシュウマイだった件について。
豚まんと並ぶ人気商品のシュウマイを薦めるとは、はらみーはなかなかのグルメと見た!
ええ、あれ本当に美味いんです。
関西に立ち寄られた方は是非お土産にどうぞ。
そして2人のステージの最後を飾るのは、「魔法をかけて!」。
ネ申不在のステージでしたが、やはり緑色のサイリュームはお約束でした。
まよちょんとはらみー組退場後、春香と真によるMC。
リボンを失くした春香に下着をかぶせようとする真(笑
そんなドタバタの後に出てきたのは、我らが覇王!
流れるイントロは「乙女よ大志を抱け!」。
さすがに場数を踏んできただけあって、堂々たるパフォーマンスでした。
……微妙に音程様が来られない歌声もご愛嬌と言うことで(笑
次に出てきたのは宏美さん。
曲は「迷走mind」。さすがは初期メンバーのガチトリオの一人だけあり、安心して聞いていられました。
続いて覇王の「I want」!
恐らく、この日一番の盛り上がりだった気がします。
どういうパフォーマンスを見せれば我々のテンションが上がるか、よく理解した上での望んだステージだったのでしょう。
やはり覇王は人心掌握術に長けておられるようでした(笑
……これからはその才覚に敬意を表し、「覇王」改め「覇王様」とお呼びしたいと思います(笑
そして再び登場した宏美さんの「自転車」。
最後の「好きだー!」の絶叫は客席を巻き込んだものとなりました。
計4曲終了後、覇王様と宏美さんのMCに入りました。
内容の大半は失念しましたが、確か「この組み合わせは珍しいよね」とかそういう内容だったと思います。
このMCで印象に残っているのは、覇王様と宏美さんが「私達、アイドルだもんね(はぁと)」という掛け声と共に取られた珍妙なポーズです(笑
その様子を見ながら至って冷静な声で、楽屋でその珍妙なポーズを練習していた様を暴露する宏美さん。
そしてさらに何回かその珍妙なポーズを取る二人。
大笑いさせてもらいました(笑
そして2人のデュオによる「私はアイドル」。
ほぼゲームに忠実な振り付けでのパフォーマンスでした。
そして今回のライブ的に本当のメインイベントとも言える組み合わせ、ミンゴスと樹里吉でのコンビによるパフォーマンスに繋がる……かに思えたのですが、ここで予想もしなかった展開に!
かなりの長文になりましたので、ここで一度区切りたいと思います。
蒼坂です。
お待ちかねのアイマスライブ・大阪公演のレポを書き始めたいと思います。
7/23に行われた「THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR'S!! IN OSAKA」参戦のため、大阪・難波にありますこちら、
SA350003.jpg
どう見ても見た目はウルトラマンに出てくる「科学特捜隊基地」にしか見えない(笑
なんばHatchにやって参りました!
私が着いたのは夕方3時過ぎ、先に物販を見るために早めに出たのですが……。
本命であったヴァイスシュヴァルツのアイマストレカは完売、結局手に入った戦利品は
SA350006.jpg
このパンフとサイリューム3本セットのみ;
幾分がっかりしましたが、気を取り直して物販ブースから外に出て、アイマスSPを起動してみることに。
すると、事務所には結構な人数が。
私は嬉々として事務所にログインし、片っ端から色んなP方と名刺交換をしました。
結局、帰るまでに名刺交換で得た名刺の数は22枚。
なかなかの好スタートです。
そして3時半で物販が終了し、ロビーにいた我々は一旦外の広場で待機することに。
外ではコール本と
SA350001.jpg
キラメキラリ用のオレンジ色のサイリュームを配布してました。
それをいただいた後、チマチマと名刺交換したり、対戦オーデに興じてみたり。
そうこうしているうちに、最初は
syasin001.gif
こんな感じの人数だったのが、あれよあれよと言う間に
syasin002.gif
こんな大人数に!
*注・プライバシー保護の観点から、顔がモロバレしそうな方に関してはののワさんとさせていただいております*

そして、4時45分ごろから入場開始。
ここで気付いたのが、意外と女性Pの姿が目立つと言うことです。
私の予想では、野郎9割淑女1割という感じでしたが、見た限りでは野郎7割淑女3割と言った感じでした。
恐るべしアイマス!
時間ギリギリまで事務所モードで名刺交換をやっていると、ようやく自分の入場時間になり、再び会場内へ。
中に入ると、
SA350005.jpg
このような感じで花輪やら鉢植えがドッサリと!(写真は少しピンボケしてしまいました。すみません)
それらを横目にエスカレーターを上がると、今度は各出演者へのプレゼント入れが目に入りました。
実は私、今回は出演者の一人であるはらみーにプレゼントを用意してきました。
しかし大した物ではないので、手紙も付けずにそのまま箱の中へ。
プレゼントの内容ですが、……まあ、はらみーを私のようなラーメンマニアの世界に引き摺り込むためのアイテムとだけ(笑
そうして、ドリンク片手に会場内に入ると、そこはもうすでに黒山の人だかり!
ステージまではものすごく距離がありました。
でも、参加できただけでも儲けものと考え直し、時計を見てみるとまだ5時半過ぎ。しばらく待つことに。
すると、隣の方がわざわざ丁寧に「今日はよろしくお願いします」と挨拶をして来られたのでそちらを見てみると、何と女性Pさんの二人連れでした。
挨拶を返したのをきっかけに、お互いに自己紹介を交わすなど、思わず話が弾んでしまいました。
女性Pさんのうちの一人は名古屋から来られた(間違ってたら申し訳ありません)「しょうゆP」さんといい、お連れの方は地元・大阪在住のPさんでした(名前をお聞きするのを失念しておりました。申し訳ありません)。
自分にとってアイマスが二次創作を始めるきっかけになった作品であることから、私がこのHPの管理人であることを明かすと、
「あれ? ここ、見たことあります!」
……いやはや、世間は狭いものです。
その後、しょうゆPさんもニコマスの動画職人をされていたことがあるとお聞きし、是非とも見てみたいと思いました。
 そして、しょうゆPさんと覇王の愚民調教の手腕の見事さについて語り合っていると、場内の照明が落とされ、聞き覚えのある声が!
ダンス審査員・軽口哲也が前面のスクリーンに大写しになり、場内での注意事項を説明し始めました。
まあ、色々と突っ込みどころ満載な諸注意だったわけですが。
一例を抜粋すると、
○着メロに自分がカラオケで歌ったRelationsが場内に流れたら混乱するので、携帯の電源は必ず切ること

○ビデオやデジカメの持込は禁止。あと、カバンの中にたこ焼きなんかを入れてると、電車内に551の豚まんや餃子の王将の餃子を持ち込むのと同じくらい「ここにいるぜ!」オーラが出るので注意が必要

○ライブで盛り上がるのはある意味礼儀だが、盛り上がりすぎてスピニングバードキックなどの迷惑行為はしないように

etc、etc……。

誰がそんなことするんだ!(笑

ともかく、前説の段階でいきなりヒートアップした我々。

直後、あのイントロが流れ、いよいよ2ヶ月越しの宴が開演しました!

「まっちょちょん」「まよちょん」こと仁後真耶子さん、
「変態淑女P」「アサミンゴスP]こと今井麻美さん、
「覇王」こと中村繪里子閣下、
「はらみー」こと原由実さん、
「そこに平田宏美」こと平田宏美さん、
樹里吉こと滝田樹里塾長の6人が一度にステージに姿を現し、歌うは
「THE IDOLM@STER」!
会場の誰もが一体となり、いきなり燃え上がった瞬間でした。
(続く)





今、会場から帰りの電車に乗って帰るところです。
詳しいレポは改めて書きますが、取り敢えず速報を。
来月配信のSP用DLC、完全書き下ろし新曲が配信されることになりました!
タイトルは「君はメロディ」。
我々はいち早く聞くことが出来ました!
配信を乞うご期待ということで!
そして、気になるアイマスレディオの後番組ですが、その名も「THE IDOLM@STER STATION」!
8/2放送開始です。

(ここからは予想なので、話半分でお願いします)
この新番組、何だかはらぬーコンビが新パーソナリティーっぽいんですが、どうなんでしょう?
何せ、アイレディ最終回の宴会放送のゲストがはらみーとぬーぬーらしく、ひょっとしてそこでバトンタッチをするのではないかと。
もし的中したら誉めて下さい(笑

最後に一言。
「アイマス最高!」

いよいよ!

2009/07/22

明日はアイマスライブの大阪公演ですね。
無論、私も参戦しますよ!
レポも書きますのでお楽しみに!
あと、8/1のミンゴスのイベントも参戦決定しましたので、そちらのレポもご期待ください!
プロフィール

蒼坂

Author:蒼坂
関西在住の会社員。
時々しがないネット物書き兼2chカラオケ板紅白歌合戦の参加者。

最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MHF
Now Loading...

公式イベントスケジュールへ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。