FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あとがき(第7話・第8話)

2006/11/21

さてさて、お待たせしました(?)
中村檜里子さんのブログのコメントに、我ながらつまんない事を書いたことをちょっとだけ後悔している蒼坂が来ましたよ。
それでは気を取り直して、以前から引き延ばしていたSSのあとがきの続きを書いていこうと思います。

第7話
いよいよあずさが本格的にアイドルとしてデビューする回で、これがデビュー編の最終話です。
そしてここでいよいよあずさのデビュー曲が決定しました。本編では「STYLISH QUEEN★」の作詞は神尾がしたことになっていますが、本来はあずさ役のたかはし智秋さんの手によるものです。
彼女のブログにはこの曲の制作秘話がつづられているので、興味のある方は是非。
Chiaking
そして、神尾とミキサーの会話に出てくる「美喜 綾乃」という人物は、小説版アイドルマスターの登場人物です。
一応裏設定があるのですが、それはおいおい物語の中で明かしていこうかと思います。
あと、あんな方法でどうして客があんなにたくさん来るんだよ!というツッコミもあるかと思いますが、まあ、その辺はフィクションと言う事で大目に見てやってください。

第8話
新章突入第1弾の物語です。
今回はスラップスティック(トタバタ劇)が書きたかったのでああいう話になりましたが、どうでしょう?うまく出来てたらいいのですが。
今回の話は広島・呉市を舞台に繰り広げられたわけですが、何故かと言うと、理由は簡単。私がとても好きな場所だからです(笑
呉、と言うか広島には何度も足を運ぶほど思い入れがあり、とうとう広島出身の人ともローカルネタで話が通じてしまうくらいにまでなってしまいました(爆
(例)広島の原爆の爆心地付近には現在、コミックとらのあな広島店が建てられている。
はい、くだらないトリビアは置いといて、先に進めます。
今回の舞台になった大和ミュージアム、及び旧海軍兵学校は、全て私が実際に訪れた事のある場所です。その辺の細かいところにまでリアリティが出ていればいいのですが・・・・・・。
もちろん、SSの途中に出てきた大和の写真も、私が自分で撮影したものです。
あと、あずさが物語中に読んで号泣していた特攻隊員の遺書も、江田島の旧海軍兵学校の教育参考館に実際に所蔵されているものです。私も実際に読んだのですが、正直あまりの悲壮感漂う文体に言葉を失ってしまいました。「戦争になんざ興味ねえよ」と仰る方も多いと思いますが、今、こういう時代だからこそ平和の大切さ、戦争の愚かさと言うものを感じて欲しいと切に願います。広島に行かれた際には是非訪れて欲しい場所です。
また話が横に逸れてしまいましたが、今回の話は、個人的に思い入れの強いものとなりました。皆さんに気に入っていただけたら嬉しいです。

何だか長文になってしまいましたが、今回はこれにて。
第9話でお会いしましょう!
スポンサーサイト
プロフィール

蒼坂

Author:蒼坂
関西在住の会社員。
時々しがないネット物書き兼2chカラオケ板紅白歌合戦の参加者。

最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MHF
Now Loading...

公式イベントスケジュールへ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。