FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼノグラシアに対する見解・放送開始後

2007/04/18

どうも、蒼坂です。
今日は久々に怒りをぶつけたいと思います。反転してお読み下さい。
もし、ゼノグラシア肯定派の方がいれば、直ちに読むのをおやめ下さい。恐らくその方々にとってはこの上なく不快なことをぶちまけるつもりですので。
しかし、もし私と同じゼノグラシア完全否定派であれば、是非お読み下さい。
(以下、反転)各地で「ゼノは面白い」というようなことを聞きます。事実、今期のアニメの中でもそこそこの注目度を集めているようです。しかし、それは本当に大多数のファンが見たかった「アイマス」なんでしょうか?
ある人は言います。
「快活でしっかりしたあずささんもいいですね」
しかし、「快活」で「しっかりした」あずささんなんて、本当のファンは見たくなかったはずです。私たちが本当に見たかったのは、天然で方向音痴の、全然しっかりしていないあずささんがブラウン管で動く姿だったはずです。
ましてや、ペンギンの気ぐるみを着込んだ色物扱いのやよいなんて、本当に見たいものでしたか?
クールで無口な真ではなく、ボーイッシュだけど内面は乙女な真が見たかったのではないですか?
暗殺者のような扱いの千早なんて、本当に見たかったのですか?
しかも、それら全部が命とも言うべき「声」や「性格」を全面的に変えられて、果たしてそれで「アイマス」と言えるのでしょうか?
正直に言います。私はアレを「アイマス」と名乗る連中に対して、怒りを抑えられません。
原作厨と呼ばれても結構。私にとって、ゼノを見て面白いと言っている「自称」ファンは、汚い大人の策略にはまった「敗北者」だと思っています。
本当のアイマスファンに出来る一番の抗議は、「見ないこと」だと思っていますので、私はこの先も見ないつもりです。
原作をこよなく愛しているからこそ、私は汚い大人の事情に屈するような敗北者にはなりません。
もし気まぐれでこの文章を読んでおられる肯定派の方がおられたら、もう一度よく考えてみてください。
そのアニメは、本当にあなたが見たかったアイマスですか?
スポンサーサイト
プロフィール

蒼坂

Author:蒼坂
関西在住の会社員。
時々しがないネット物書き兼2chカラオケ板紅白歌合戦の参加者。

最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MHF
Now Loading...

公式イベントスケジュールへ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。